コアサーバー DKIM 設定方法

コアサーバー, 作業環境、公開日2022/04/16、更新日2023/09/20 短縮URL= https://awmt.jp/dekirukana/?p=2223

1)参考サイト

CORESERVER (コアサーバー) V2 で DKIMを有効にして DMARC、ADSPも設定してみた

上記の様子で、2022年4月上旬までは、できていたのだけれども、うまくいかなくなった。

「dig txt x._domainkey.example.com. @xxxx.coreserver.jp」がきかない。

connection timed out; no servers could be reached

となる。

2)外部からサーバーを指定してだめなら、サーバーの中で

いちいちバリュードメインのサポートを受けるのも時間がかかる。
ぼんやりコマンドを眺めていると、サーバーを指定して、txt を問い合わせている。
DNSに書き込む前なら、サーバー内で問い合わせられるかな?

ということで、SSHを試すことにする。

3)コアサーバーでSSH

参考サイト

コアサーバー

https://help.coreserver.jp/manual/v2/ssh-use/

アプリ Tera Term

<<リンク先が拒否しているようで表示できないので別ページで、mac で使えるように説明する予定。>>

ssh で

dig txt x._domainkey.****.co.jp

→2022.06.16 追記上記ではダメ、dig txt x._domainkey.****.co.jp. @xxxx.coreserver.jp

として、結果が表示され、文字列をコピーできる。
(1)の参照サイトのように、改行や、「’ ‘」がないようにして、ドメインのDNSへ追記する。

4)チェック

check-auth@verifier.port25.com へメールを送信

==========================================================
Summary of Results
==========================================================
SPF check:          pass
"iprev" check:      pass
DKIM check:         pass

==========================================================

5)CORESERVER V2 DKIM 設定方法まとめ (2022.06.22追記)

  1. コアサーバーコントロールパネル>メール>メールアカウント設定

    DKIMを有効
  2. ターミナルで
    dig txt x._domainkey.****.jp. @v200*.coreserver.jp
    としても
    connection timed out; no servers could be reached
    だったときは、SSHで問い合わせる
  3. コアサーバーコントロールパネル>ツール>SSH
    キーを作成
  4. コアサーバーコントロールパネル>ツール>ファイルマネージャー
    .SSH の中にある、(3)の操作でできた「ssh_rsa」ファイルをダウンロード
    ※ダウンロードの際に、余計な拡張子はつかない(2022.07.03追記 .htmlが付くが、ファイル名をssh_rsa.htmlとして進めてもOK)
  5. ダウンロードしたファイルをデスクトップに配置
    ターミナルにて、
    ・ディレクトリを移動
    $ cd /Users/macユーザー名/Desktop
    ・ファイルの権限を変更しておく
    $ chmod 600 ssh_rsa
  6. SSH接続
    ターミナルにて、
    SSH *****@v200*.coreserver.jp -i /Users/macユーザー名/Desktop/ssh_rsa
    パスワードを聞かれる<Enter passphrase for key ‘/Users/macユーザー名/Desktop/ssh_rsa’:>
    パスワード入力
    SSH接続できると、行の頭が下記になる
    [*****@v200* ~]$
  7. SSH で DKIM 問い合わせ
    [*****@v200* ~]$ dig txt x._domainkey.*****.com. @v200*.coreserver.jp
    応答のあったtxtをコピーして
    p= を「’ ‘」を除いて一行に編集
  8. DNS設定に追記する
    txt x._domainkey.*****.com. v=DKIM1; k=rsa;p=<一行に編集した文字列>
  9. 普通にターミナルから問い合わせると応答するようになる
    dig txt x._domainkey.****.jp.
  10. メールアプリのアカウントから、
    check-auth@verifier.port25.com へメールを送信するなどしてDKIM が pass するかチェック

 

2023.07.25 追記========================

コンパネに表示されるようになっていた。

公開日2022/04/16・更新日2023/09/20
MTGP

このページの記事にコメントを残すには下記をご利用ください。Leave a Reply

「コメント投稿」をクリックすると、すぐに送信され、画面はページ上部を表示します。送信されたコメントは管理者の承認によって掲載されます。連絡先のメールアドレスの入力欄を省いていますので、お手元に「承認」の結果は届きません。連絡が必要な場合は、「お問い合わせ」のリンク先をご利用ください。どうぞよろしくお願いいたします。