さくらインターネット 独自ドメインメールのサーバーを外部にすると

さくらインターネット、公開日2022/07/26 短縮URL= https://awmt.jp/dekirukana/?p=2275

メールサーバを Google WorkSpace にする。
メールアプリの設定は、
imap.gmail.com
smtp.gmail.com

となり、SPF、逆引き、DKIM は pass となる。

さくらインターネット(スタンダードプラン)の様子

  • コントロールパネルのドメイン設定で、「メールを使わない」という選択肢がある。
    DNSはいつものweb、メール併用の設定で「利用しない」設定とする。
    どうしてこうなるか不明だが、nslookup で確認してもメールサーバが所在不明になる。
    nslookup はネームサーバのDNS情報だけでなく、ホストの情報まで結果に表示している?
    結果は当然だけれども
    ・全く別サーバからのメールは、届かずにエラーメールが返ってくる。
    ・さくらインターネットの別サーバからは、届かずにエラーメールが返ってくる。
    ・さくらインターネットの同じサーバからは届かずにエラーメールが返ってくる。
  • 実際、外部にメールサーバを置いて、新旧メールサーバの併用期間を設けたところ、
    ・全く別サーバからのメールは、Google WorkSpace へ届く。
    ・さくらインターネットの別サーバからは、Google WorkSpace へ届く。ただし、遅延が発生する。
    ・さくらインターネットの同じサーバからは、さくらインターネットのメールサーバへ届く。
    ・共用している、同じホストの隣のサーバは試せていない。

PCでも、スマホでも Gmail の設定は簡単にできるようになっている。
その意味で、いろんなスキルの人の集まり、組織で採用される可能性は高くなるかもしれない。

多くのレンタルサーバのメールアカウントを独自ドメインで設定するときには、それぞれにコツがあったりする。メールアプリが自動で進めてエラーが出ることが多く、「手動設定」「詳細設定」などでアプリの自動設定を修正していかなくてはならない。明示的にSSL通信を設定したいものだ。

公開日2022/07/26
MTGP