XAMPP mac M1 Apple Silicon 現状

設定、状況

  • php8 バージョンにした。
  • proftpd は起動させるために エラー対策で、hosts に「127.0.0.1 ***noMac-mini.local」を追記。
  • IPv6でもローカルでしかみられないように、ファイアーウォールを「ON」
  • トップページから MySQL phpadmineにログインパスワード要求

操作

  • WordPress は更新、プラグイン、インストール可能
  • cgi パーミッション 操作可能

課題、困っていること

ファイアーウォールの設定のためか、WiFiでの接続ができず、ローカルでスマホを使ったチェックができていない。(PCブラウザのスマホモードで対応)
php8 WordPress プラグイン「search-regex」が存在するとエラーで進めなくなる。
(有効無効関係ない)
php7.4と切り替えができると良いが、php7.4のサポート期限が比較的近いので、php8で割り切る。

A-Zでおもいつくこと2021

2020 2021
apache A arm
bind B Big Sur
CentOS C chillin
dovecot D DKIM
E EV
firefox F false
GMO G
height H HDMI
Interlink I IPv6
Jitsi Meet J
K
Let’s Encrypt L nslookup
MakeShop M M1
nextcloud N
onlyoffice O ONU
proxy P php8
Q
rgba R RTX830
SSH S Search Console
thunderbird T Thunderbolt
Ubuntu U USB3.0
VPN V virtualmin
webmin W webmin
X XAMPP
Y yum -y
zoom Z zone

10年遠回りした感じ

IPv6でローカルサーバが外部から丸見えになっていないかチェックと対策

IPv6の接続プランで、ルーターにもよるが、手元のパソコンが外から見える状態になることがある。ONU直結でIPv6接続であれば確実に見えるだろう。
ただし、相手がこちらのIPv6アドレスを知る必要がある。
ローカルでワードプレスなどをみられるようにApacheが起動していること前提。

見えるか確認

システム環境設定>ネットワーク>IPv6のアドレス
表示されているアドレスは、テキストとして選択、コピーが可能。
IPv4
http://192.168.101.33

IPv6(アドレスを[]で囲む)
http://[ここにあどれす]
ブラウザで確認する。手元のPCならみれるはず。

同じ環境の WiFiだと見えてしまうことがあるので、
スマホのキャリア回線で確認して、見えれば外部から確実に見える状態。

「詳細」をクリックすると、IPv6のアドレスがいくつかある。
タイミングの詳細は知らないが、これらのアドレスが、直近で使われたもの。

(上の画面で、「IPv6の設定」を「リンクローカルのみ」でも外部からは見えなくなる。外への接続もIPv6ではなくなる。)

見えないようにする。

システム環境設定>セキュリティとプライバシー>ファイアーウォール
ファイアーウォールを「ON」として、さらに「詳細」で、ブロックが設定されているか確認。最初に確認したときは、httpd がブロックされていなかった。

見えるか確認してみる。

Windows はファイアーウォールがデフォルトで効いているようだけれでども、Mac の場合は、デフォルトで On になっていない。

近いうちに、httpd まわりのない状態でOSが提供されるようになると、どこかで知ったが、こういった流れを組んでということかしら。

DKIM成功 DNSの書き方でチェックが変わるかと思ったらMacがIPv6ではなかった

==========================================================
Summary of Results
==========================================================
SPF check: pass
“iprev” check: pass
DKIM check: pass

Mac(M1)から送信すると、上記のような結果になるが、
DNSを確認しようとして、コマンドからnslookupをかけても応答がない。
IPv6が優先されていないのが原因だけれども、時々、IPv6になる。
残念。

IPv6 にしたらローカル環境に差が出るXAMPP mac版

IPv6 にすると外部から直接端末にアクセスできるようになる。
ということで、Mac の、システム環境設定>セキュリティとプライバシー>ファイアーウォール ON

で、この状態で外部からIPv6 のアドレスで、アクセスしてみると、Mac は無反応になるが、
mac のデフォルトのApacheも見えなくなる)あれ、見える。自動起動しないようにする。

XAMPP は見えてしまう。
XAMPP のトップページには、データベースへの入り口もある。

とりあえず、.htaccess へ追記「Require local」とする。

T2 をキャンセルする方法?なのか

https://support.apple.com/ja-jp/HT208198

試してみる?

夏ごろのOSのアップデートで落ち着いていた「予期せぬ再起動」が、ここ最近2回のアップデートから、再発するようになってきていた。
Big Ser への更新案内もシステム環境設定に出てきている。
新しいM1を搭載したMacには、T2が搭載されていない。
以上のことから、もしかして、T2をキャンセルできるようにな設定項目が追加された?と思って「mac T2 停止」検索したら、上記のページがヒットした。
この後、試してみよう。

追記
上記ページに従って操作する。
コマンド+R 後の起動は普段よりもずっと遅い。
・セキュリティなし
・外部メディアからの起動を許可
とする。

直近のリブート

reboot ~ Thu Dec 3 21:41  今回のセキュリティ設定変更
reboot ~ Thu Dec 3 12:19  予期せぬ再起動
reboot ~ Sun Nov 22 20:05  予期せぬ再起動(不確か、メモ残っていない)
reboot ~ Mon Nov 16 17:03  予期せぬ再起動
reboot ~ Sun Nov 15 16:24 アップデート

調子の悪かった時と同じように、常時電源の入った状態で、一週間弱で落ちる。

さて、今回の設定の結果が出るのは、2週間以上落ちずに済むかどうかだ。

CentOS8 Apache のAP_DOC_ROOT=”/var/www”

新しく用意したCentOS8サーバでcgiが動かない。
cgiを使わないようにすれば良いとも考えたけれども、既存サイトを引っ越してくるときにcgiをphpなどに置き換えるのは大変。

perl -v ある
which perl パスもOK

perl が、AP_DOC_ROOT=”/var/www” の中にないと動かないことになっている。

suexec -V で確認できる。
AP_DOC_ROOT=”/var/www”

で、suexec では SetEnv は効果ない。とのこと。

CentOS8 では、Apache のインストール時に AP_DOC_ROOT が決まっていて、ほかのバージョンの httpd をインストールすると更新できなくなってしまう。

ということで、新しく追加する仮想サイトを ”/var/www” 内にすることにした。
/var/www/html にしてはいけない。

期待通りに動いてくれている。


追記

違った

CentOS8 にて、boot, home の容量が決まっていて、/var/www では将来心配。
別の方法を検討。

boot の容量が足りなくて、新しいサーバに、リストアしたら、”/var/www”においたサイトが”/home”にリストアされた。


追記

CentOS 8 インストール時に、home エリアは削除。
リストア前に、テンプレートのホームディレクトリを、var/www にすることで解決。