サーバのCPU使用率が高い

サーバの CPU 使用率は、通常20%を超えることが少なかったのに、数日前に、乱高下を繰り返し始めました。MySQL が多く消費していることがわかっていた。
MySQL の「何が」までは追いかけなかったが、たぶん「アレ」というのは見当がついていたので、MySQL を使っているCMSをメンテナンス。とりあえず落ち着いた。

SSL証明書

デフォルトの証明書が邪魔をしているようで、

https://ssltools.websecurity.symantec.com/checker/views/certCheck.jsp

で忠告される。ただし、デフォルトの証明書のおかげな部分もある。

You have 1 error
Multiple certificates were found with the same common name.
The certificate installation checker cannot determine which certificate is correct. Remove the incorrect certificate and try again.

Recommendations
Root installed on the server.
For best practices, remove the self-signed root from the server.
Update your certificate chain.
Your certificate chain is valid, but some older browsers may not recognize it. To support older browsers, download and install the missing intermediate certificate

下記ではB判定、ブラウザのカバー率が低い。10.6サーバはC判定、上記のチェックツールはOK。ただし This server may be vulnerable: SSLv3 is enabled。

https://www.ssllabs.com/ssltest/

メモリ交換終了。SSL証明書更新。

無事メモリ交換できました。最大メモリを積んだ。
所要時間数分ほど。
作業しながら、アクティブモニタで見ていると、
すぐに目いっぱい使いだした。

SSL周辺の仕様更新が激しい。証明書も値上がり。
ドメインも値上がり。痛いなあ。

せっかくメモリ交換したけど、いろいろが追い付いていない。

Server Diagnostics Mac OS X

「Apple Server Diagnostics では、サーバをテストして、ハードウェア
に関する問題を診断できます。」
8年も使っていて、こんなツールがあるのを初めて知った。
新規購入時にはセットアップされているらしいが、ソフトウェアレイドで構成しなおすことで消えてしまう。

  1. インストールディスクで起動用のメディアを作成
  2. 1.の起動用メディアに新規インストール(細かい手順がある。マニュアル参照)
  3. インストールしたOSのアプリケーションフォルダに「AppleServerDiagnostics.app」を入れる。(Admin Tool にある)
  4. この起動用メディアから起動すると「AppleServerDiagnostics.app」が立ち上がる
  5. 新規、テスト
  6. テスト項目で「失敗」の箇所を特定する。

途中のハードディスクチェックで引っかかったので7時間程度で終了。スペアの機体がなかったら、サーバサービスの運用がこの時間できないから、実機のみの場合は使えない。

GSSAPI Error: Unspecified GSS failure. Minor code may provide more information (Server not found in Kerberos database)

DirectoryService[29]: GSSAPI Error: Unspecified GSS failure.  Minor code may provide more information (Server not found in Kerberos database)

20140117

2時間ごとに記録されていたエラー。たぶんメールの設定を見直すことで出なくなる。
ファイアーウォールの Kerberos のポートは関係ない。